俺の妹がこんなに可愛いわけがない

昨日は初詣に行きました。

が、どこも凄まじく混んでたので特にお参りもせず、
秋葉原で蛸壷屋の新作俺妹同人誌を買って帰りました。



明日は毎年恒例の新日本プロレスの東京ドームですね。
ジェフ・ハーディーは無事に入国出来たのでしょうか?
「イッテンヨン」は一度も行った事ありませんが(てゆーか自分は100回以上はプロレス観戦してると思いますが、新日は、昨年のデヴィ丸藤とデヴィ飯伏の2回のみ。FMW、大日本等が主な観戦暦です)、
今年は初めて新日ドームを観に行きたいと思う好カードです。

ドーム大会らしい派手さはあまりありませんが、全部のカードに意味があり、抗争の流れを汲んでいて、
お祭り的な刺激的なカードが並ぶより、自分的には魅力的です。
余った選手のテーマの無いタッグマッチは第0試合にしたのも○です。
http://www.njpw.co.jp/match/card.php?e=132

…まあ、仕事なんで行けないんですケド。




「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
原作は主人公の一人称で描かれているので、
ヒロイン(?)桐乃のウザさ、ムカツキぶりはアニメ以上(原作好きには、むしろアニメ版は全然。ほぼ出てこない5巻は安心して楽しめました。ちなみに6巻は数ページしか出てこない幼馴染にしょんぼり、以外の感想はありません)。
最新作である7巻は、まあ黒猫のターンなのですが、
自分の中で何かが一周したのか、桐乃がちょっとだけ可愛く思えてきました。
「こんなに可愛いわけがない」、と思えるのは、アニメのTRUEエンドか、原作の最後でしょうか。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 (電撃文庫)
アスキー・メディアワークス
伏見 つかさ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック